小路 まちのえんがわ この町に暮らす人の縁を結びたい この町で働く人の縁を結びたい この町を日本に、世界に結びたい

« 2014年06月 | メイン | 2014年08月 »

2014年07月 アーカイブ

2014年07月08日

木のからくりおもちゃワークショップ

FB

手で回すとカタカタカタ優しい木の音で動き出すからくりおもちゃ

工房 鯱(おるか)の矢倉さんと一緒に皆で作ってみませんか?

にぎやかな表情の-Face-(初級)、あと一歩で届かない-Cat-(中級)

2種類のからくりをご用意いたしました!ご予約の際にご希望をお伝えください

 

■木のからくりおもちゃワークショップ
Mechanism workshop

2014年7月27日(日)13:30 -
場 所:木村工務店1階加工場
料 金:¥2,700(初級-Face)/¥4,000(中級-Cat)
※リピーターの方は¥200割引させて頂きます
講 師:工房 鯱 矢倉英夫
定 員:初級-Face 20名/中級-Cat 10名

■ご予約先 engawa@kimuko.net 0120-06-4414
複数でお申し込みの方はその旨お伝えください、付き添いも大歓迎です!


ヤグラさん

矢倉 英夫 Yagura Hideo 
工房 鯱(おるか)

全国の手作り市などで木製のからくりを展示販売
売れるモノよりも一風変わったクセのある作品に
力をいれる木工作家さんです
まちのえんがわでも販売中☆

2014年07月09日

林さんが考えたスズメの巣箱。

日曜日は建築家林敬一さんのワークショップでした。さかのぼること半年前、「林さんのワークショップをやろう!」というシャチョウの一声で始まったのですが、林さんは始め冗談だと思っていたそうです。笑

それから打合せを重ね、このスズメの巣箱が誕生しました。

巣箱は完全にスズメのためにつくられるべきですが、ささやかにヒトの生活に係わるべく、ヒナのさえずりが増幅される巣箱をデザインしました。卵からヒナがふ化し巣立ちを迎える少しの間だけ、ヒナのさえずりが後ろ向きに聞こえるしくみになっています。

これは林さんが作ってくれたスズメの巣箱マニュアルの冒頭の一文です。デザインを大切にしつつ、スズメの気持ちになって考えられた、林さんらしいものでした。

当日はこのワークショップを心待ちにされていたお施主さんや、林さんと同じように自然と動物をこよなく愛する方々が参加してくださいました。

IMG_6266IMG_6269IMG_6273IMG_6282IMG_6284IMG_6286IMG_6290IMG_6288IMG_6291IMG_6293

あいにくのお天気でしたが、みなさん巣箱を軽快に担いで帰ってくださいました。参加者のみなさま、ありがとうございました。さぁこれからが本番です。スズメがみなさんの巣箱を下見に来るはずです。林さんの巣箱マニュアルを元にがんばってくださいね!(スズメにはがんばった感が伝わらないように...笑)

中にはさっそく設置された方も!ヒナのさえずりが聞こえる日が来ますように!

10530714_690433654370142_9114240804962642684_n[1]

木村工務店トップページへ

小路スタイル

木村家本舗

住宅風呂巡礼

ovest design

カテゴリー