小路 まちのえんがわ この町に暮らす人の縁を結びたい この町で働く人の縁を結びたい この町を日本に、世界に結びたい

メイン

2014年12月20日

【丹波遠足2014】

今年で3回目となる日帰りバス旅行。去年に引き続き丹波に行ってきました。去年のようすはこちらです。

まずは道の駅「おばあちゃんの里」へ。まるまる太った大根や見るからに新鮮そうな葉っぱつきの人参など、どれもこれもおいしそうで(しかも安い!)、ついつい買ってしまいました。シャチョウはさっそく奥さんに電話をかけて、ほしいものを聞いていました。さすが愛菜家、ですね。

10822460_668216199961581_408042717_n[1]IMG_7758

そして一年越しのツリーハウス見学へ。ここは「大路こどもの森」というところにあって、目の前には小学校がありました。校庭内には砂場や遊具もありますが、みんなこちらで遊んでいるそうです。そりゃそうですよね。

IMG_7766IMG_7769IMG_7771IMG_7772IMG_7786IMG_7773

3本の木を支えに建つ高さ約5mの2階建て。これは地元の人たちが中心となって約1年かけて作られました。↓「プロジェクト樹庵」より

155032_400003863426939_1761571860_n[1]301596_424843907609601_1052965231_n[1]429681_424843914276267_1597918272_n[1]541644_410559732371352_1640527613_n[1]

そして2棟目は関西大学建築学部の生徒さんたちが丹波に滞在して作り上げたそうです(しかも期間はたったの一週間)!3棟目はぜひキムコーで!笑

66966_512453498848641_240368590_n[1]1236021_516203055140352_10060136_n[1]999774_516202988473692_1410699628_n[1]1231581_516203091807015_54859578_n[1]

そうそう、ツリーハウス以外にも楽しそうな場所があちこちに・・ここは大人がこどもにかえる場所でもありました。

IMG_7790IMG_7791IMG_7793

そしてもう一つのメインイベントがわな猟の達人、アダチさんの猟師飯です。わなはもちろん手作り。「獣くくりわな装置」では特許も取得されていました。また、自ら捌く猪肉や鹿肉をいかにおいしく食べることができるか常に考えているそうで、いろんなレシピが出てくる出てくる。ちなみに写真右上が猪の心臓を手ににっこりのアダチさんです。

IMG_7797IMG_7800IMG_7811IMG_780510805757_588536324612904_2603712622731176346_n[1]

最後にこのツアーを企画してくれた関西佐治スタジオさんへ。陶芸、生け花、着付けなどの教室や、月に一度はBARを開いたりと、地元の方の憩いの場になっているようです。BARといえば、来年からえんがわでも不定期に開いてみようかと企んでいますのでお楽しみに!

10462970_657637190977279_8930962482966300527_n[1]

正直シャチョウのブログのほうがおもしろいので、お時間ある方はご覧下さい。

2014年11月13日

丹波遠足2014

FB

丹波の森、丹波の食、丹波のお酒(?)を堪能する
「大人な遠足」今年も開催いたします!

まずは地元の人々が関西大学の学生と一緒に製作された
ツリーハウスを見学して頂きます。
そして昼食は猟師さんのお話に耳を傾けながらの猟師飯
「イノシシ肉の鉄板焼き」をご堪能ください。

自然の恵みにどっぷり浸かって丹波の豊かな土地を満喫しちゃいましょう!

 

■丹波遠足 関西大学佐治スタジオxまちのえんがわ

開催日程:2014年12月7日(日) 8:30出発
集合場所:まちのえんがわ→大阪市生野区小路東2-20-25
参 加 費:6800円(バス費用・昼食付)
協力:関西大学佐治スタジオ→関大佐治スタジオの活動紹介ブログ「saji saji」


■ご予約先

0120・06・4414/engawa@kimuko.net
※動きやすい服装でお越しください


■タイムスケジュール

08時30分 まちのえんがわ 出発
10時15分 道の駅・春日おばあちゃんの里 到着
※トイレ休憩&お土産&地酒購入!?
10時30分 道の駅 出発
10時50分 春日町・大路こどもの森 到着
※関大生と地元の方々とで作ったツリーハウス見学
11時30分 大路こどもの森 出発
12時00分 青垣町・猟師足立善徳(あだちよしのり)さん宅 到着
※昼食・猟師飯「イノシシ肉の鉄板焼き」…スタッフの一押しです!
14時15分 足立善徳さん宅 出発
14時30分 関西大学佐治スタジオ 到着
15時00分 関西大学佐治スタジオ 出発
17時00分 まちのえんがわ到着・解散


風景ツリーハウス2ツリーハウス3
イノシシツアーランチ

昨年の様子はこちらから→まちのえんがわブログ

2013年12月09日

丹波遠足バスツアー

先週の日曜日。本当に気持ちのいい朝だったので、えんがわに着いて真っ先に屋上へ上がってみました。さて、どんな一日になるのかドキドキワクワクです。

IMG_3981

AM8:00小路出発

今回は関西大学の大学院生の二人も同行してくれました。というのも、今回の遠足はシャチョウと関西大学のケンチクの授業がきっかけなんです。さすがケンチク科です。シャチョウの急なフリに動じることなく、これから向かう丹波で自分たちがどんな活動をしているのか、 分かりやすくていねいに話してくれました。中でもツリーハウスの話はみんな興味津々。今回は時間がなくて行けませんでしたが、来年の楽しみに。。

くわしくはこちらをご覧ください→https://www.facebook.com/pjt.juan

1098533_499232130170778_1116235953_n[1]1150376_499232190170772_1472797549_n[1]

AM9:30春日道の駅・おばあちゃんの里に到着

絶好の行楽日和。店内も賑やかでした。レジは増やしたほうがいいかと思いますが(笑)

IMG_3988IMG_3990

AM10:00山名酒造に到着

酒蔵内部は酒の仕込み日と重なってしまい見学できないと聞いたのですが、ご覧のように満喫させていただきました。朝から飲める幸せをかみしめながら。。

IMG_4035IMG_4032IMG_4036IMG_3991IMG_3993IMG_3995IMG_4002IMG_4029IMG_4012IMG_4011IMG_4009IMG_4025IMG_4027IMG_4553

↑前列左の男性が今回の遠足の発案者デマチさん。

丹波の佐治に「関大佐治スタジオ」というのがあって、そこに研究員であり移住者でもある出町くんというひとがいて、関西大学の木造設計製図の授業繋がりで知り合いになって4年ほどになり、なんとなく前々からお互いに暖めていた企画があって、丹波の佐治スタジオと大阪の生野区小路「まちのえんがわ」を「繋ぐ」という、そのきっかけとして、「丹波遠足」を催した。(シャチョウのブログより)

 

AM11:30製材所イクジウッドに到着

ここは関大の学生さんの就労体験の場にもなっているそうです。去年の吉野遠足では阪口製材所の見学に行ったのですが、やはり実際にその場所で見て匂って触って聞いて..五感で体験することは何よりも説得力がありますね。この日は製材所はお休みだったのですが、休日出勤で機械を動かして製材の様子を実演してもらったり、全員にヒノキの板までプレゼントしていただきました。現在、キムコーミニキッチンでまな板として活躍中です!

IMG_4042IMG_4039IMG_4049IMG_4050

AM12:00猟師アダチさんの山小屋に到着

「ここから歩いていきますんで」とデマチさん。一体どれだけ山の中へ入るのかと思いきや、のどかな風景を楽しみながら歩いていたら、5分くらいのところにありました。しかもぜんぜん小屋じゃないし(笑)

IMG_4085IMG_4054IMG_4056IMG_4063IMG_4066IMG_4073IMG_4068

鹿肉ってあんまりおいしそうなイメージがなかったのですが、とにかく「おいしい」のひと言に尽きました。このアダチさんは銃ではなく罠猟なんだそうです。はい、ものすごーく根気のいる作業です。罠は足1本が入る小さなもの。これを、鹿や猪が通る場所を探してココというところに設置するんだそうです。鹿肉フルコース(タタキ、焼肉、しゃぶしゃぶ、半生ジャーキー)と炊きたて白ごはんと奥さんお手製の漬物盛り合わせ、そして山名酒蔵さんのお酒を頂きながらアダチさんの山の話を聞くというおとなの贅沢。もう完全に一般参加者の気分で楽しんでしまいました。。

↓写真左は鹿の頭蓋骨。三方に整然と飾られていました。写真右はそれらを抱えてポーズをとるアダチさん。(雑誌「NILE'S NILE」より)みなさんがドキドキされていた解体ショーは今回はありませんでした。これが怖くて参加を見送った男性がいたとか(笑)

IMG_4074IMG_4070

↓そして別れを惜しみつつ「レストランアダチ」前にて記念撮影。

IMG_4081

PM2:30関西大学佐治スタジオに到着

ここに関西大学の学生さんたちが滞在し、授業や就業体験、 地域行事に参加するなど、さまざまな活動をする拠点としているそうです。ケンチクを学ぶ学生さんたちだから、内装にもいろんなところに工夫があっておもしろかったです。

IMG_4090IMG_4086IMG_4087IMG_4111IMG_4097IMG_4106IMG_4110

というわけで、2回目のバスツアーも無事に終了しました。参加者のみなさま、一緒に旅を盛り上げていただきありがとうございました!そして山名酒造のヤマナさん、イクジウッドのアダチさん、猟師のアダチさんと奥さん、関西大学佐治スタジオのみなさん、本当にありがとうございました!!(来年まで待ちきれませんっ!!!)

2013年11月11日

丹波遠足_まちのえんがわバスツアー

12月

猟師さんのお話に耳を傾けながら丹波の豊かな土地を覗きに行ってみませんか?
昼食は猟師さんオススメの鹿肉フルコースをご堪能ください
準備が出来れば解体の様子もご覧頂けるかもしれません☆
自然の恵みにどっぷり浸かって佐治の暮らしと景観をみんなで満喫しちゃいましょう!


■丹波遠足_まちのえんがわバスツアー

開催日程:2013年12月1日(日) 8:00出発
集合場所:まちのえんがわ→大阪市生野区小路東2-20-25
参 加 費:6,500円 (バス・昼食付)
ご 予 約:engawa@kimuko.net/0120-06-4414
※動きやすい服装でお越しください

協力:関西大学佐治スタジオ


イノシシ肉■タイムスケジュール
8:00小路発 - 10:00丹波着
製材所か酒蔵を見学 - 昼食
15:00頃丹波発 - 17:00頃小路着

※ご予約の際に
「製材所見学」か「酒蔵見学」かの
ご希望をお聞かせください
ご要望の多かった所へ伺います。
どちらになるかは、当日までのお楽しみに☆


イノシシツアーイノシシ解体

2012年09月10日

「森」と「木」と「木材」吉野ツアー

9月8日の土曜日の朝、えんがわにツアーの参加者が続々と集まりました。ワークショップはいつも日曜日なので、会社に社員さんを残して出かけるのはなんか不思議な気分。。

まちのえんがわ初のバスツアー。吉野に着くころには雨も止んでいました♪

IMG_1770IMG_1771IMG_1774

まずは梅谷醤油の工場見学です。蔵に入ると吉野杉の大桶が!醤油の香ばしい香りで白いご飯が恋しくなりました。

IMG_1803IMG_1798IMG_1801

そしていよいよ吉野の山へ。「これ以上は無理ですわ」と運転手さん。道を変えて何とかヘリポートに到着しました。

IMG_1819IMG_1816IMG_1824

実は今回、地元テレビの取材もあって、何だか本格的な雰囲気。山守さんに木にまつわる話を聞きながらハイキングスタートです!

IMG_1827IMG_1834吉野山ハイキング1

小さな女の子も元気に到着。山守さんにスギとヒノキの違いをレクチャーしてもらいました。

IMG_1845IMG_1844IMG_1847IMG_1837

本日のメインイベント坂口製材所見学スタートです!!大人はもちろん、小学生の女の子が写真を撮りまくっている姿が印象的でした。

IMG_1889IMG_1893坂口製材所1IMG_1870IMG_1879IMG_1881IMG_1885IMG_1873IMG_1892IMG_1896IMG_1901坂口製材所2坂口製材所8坂口製材所4

旅の締めくくり「蔵王堂」へ。近くの柿の葉すし屋さんでお土産を買いました。朝とは打って変わって、帰りはきれいな夕焼け空でした。

蔵王堂へ蔵王堂2IMG_1928IMG_1932

シャチョウブログもどうぞ

2012年08月18日

吉野へおとなの遠足ぶらり旅

9/8(土)まちのえんがわ1日バスツアー「吉野遠足 森と木と木材 」を開催します。
タイトルはシンプル。でも中身は。。スケジュールはこちらをご覧下さい

まずは梅谷醤油の工場見学です。
吉野杉の大樽にこだわり続けて百年余り。伝統のおいしさを守り続けています。

梅谷醸造蔵見学

次に吉野の山を見学して昼食をいただきます。お弁当は持参orご予約(弁当&柿の葉寿司2コ付で800円)ください。参加者の中には箱寿司を自分で作って来られる方も!私もがんばってお弁当を作ります!!

吉野の山

そしてメインの坂口製剤所の工場見学です。実は「まちのえんがわ」にも、ここの吉野杉が使われているのです。実際に植林されたスギやヒノキから木材に加工される工程を見学します。お子様の勉強にもいいかもしれませんね。

坂口製剤所1坂口製剤所2坂口製剤所3
坂口製剤所7坂口製剤所5坂口製剤所4
坂口製剤所9坂口製剤所8坂口製剤所6

続いて「吉野サロン&吉野MIX」を見学し、木のお家を体感していただきます。
また、吉野といえば世界遺産の「蔵王堂」や「吉水院」。こちらも見学予定です。

最後に、忘れてはならないのが参加者に必ず1コ付いてくる「こばしの焼き餅」。行列しないけど、めったに買えない焼き餅で有名です。2コ目からはご予約可能です。お取り寄せできないらしいので、この機会にご利用ください。*1コ100円です。

こばしの焼餅

by アオキ

2012年07月28日

1日バスツアー吉野遠足「森と木と木材」

ロゴ

 

  「1本の木を使い切る」というこだわりを持った
吉野の材木屋 阪口製材所と一緒に、
杉や桧が植林された山と製材現場を見学いたします!
お天気がよければ昼食は山中でのピクニック。
澄んだ空気をめいいっぱい堪能してください☆
山にある木から材料としての木になるまでの行程を
ご覧頂きますのでちょっとしたお勉強にも。
まちのえんがわと共に吉野の山へお出かけしてみませんか?

 

 

■1日バスツアー吉野遠足「森と木と木材」with阪口製材所

日 程/2012年9月8日(土)
時 間/8:30まちのえんがわ集合-17:30ごろ帰着予定
参加費/お一人様¥3,500-(バス代込み+こばしの焼き餅1つ付)
定 員/25名予約/8/31までにご予約ください
お持物/お弁当 、お飲み物
※当日は往復で30分ほどの山歩きを致しますので歩きやすいクツでお越しください。
※27人乗りの中型バスへご乗車頂きます。


■当日のながれ(クリックすると拡大します)

案内チラシ

お弁当を作るのが億劫な方はオプションをご利用ください。
お弁当¥800(吉野名_物柿の葉寿司2コ付)&こばしの焼き餅1つ¥100から
ご予約受け付けておりますので、ご所望の方は8/31までにご予約くださいませ。 


■ご予約先

toiawase@engawa.net/0120-06-4414